佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

ロシアの大学に通う女の子

ロシアの大学に行っている女の子が来た。

 

その女の子は、日本の大学に行かずに、高校を卒業してすぐロシアの大学に行ったらしい。

 

高校時代も一年休学して、ロシアの高校に通ってたらしい。

 

話してて、すごく面白かった。

 

今、コロナで大学行けなくなったので、休学して日本で生活しているらしい。

 

農業に興味あるからと、知人から紹介があり、うちに2日間手伝いに来てくれることになった。

 

餌やりから、金柑の収穫、パック詰めまで、何でもしてくれた。

 

f:id:matsumo_saga:20210114223201j:image

 

作業をしながら、いろんな話をした。

 

社会学みたいなことが好きみたいで、話しててすごく面白かった。

 

「日本人は、値段が高いもの=良いものと思っている」

 

ロシアでは、モノの値段が高い理由として、その商品ができるまでの背景だったり、社会的な関わりだったり、機能的な部分以外ものも、その商品の価値として値段がしっかりついて、その価値を消費者がしっかり理解しているらしい。

 

日本では、機能的な部分で値段を取ることに対して、消費者があまりよく思わない傾向があるのではないか。

 

「それって、日本でアートの教育が抜けているからだよね?アートは絵が上手いから、高いわけじゃなくて、いろんなことが価値になって、その値段がつくよね?」

 

みたいな感じで、何の着地点もない話をお互いの経験をもとに、ずっとしていた。

 

f:id:matsumo_saga:20210114224026j:image

 

遠慮はあまりせず、普段やってることをそのままやった。

 

だから、重い荷物少しは持ったし、収穫作業もしっかりとした。

 

「手伝ってみて思ったんですが、こんな暮らししてたら、ブランド物が欲しいとかならなそうですね」

 

アマルティア・センが、先進国と発展途上国の人達の研究をしてて、幸福は、相対的だというのを思い出しました」

 

そして、この本を紹介してくれた。

 

 

確かに、田舎で暮らしていると、世間の流行りとな、あまり興味が持てなくなるし、無駄な物欲もなくなってきて、自分が好きなことにそのまま打ち込めるようなマインドになる。

 

いろんな話を出来て、本当によかった。

 

僕自身、いろんな気づきを得ることができた。

 

変な女の子だったけど、話面白くて、考えてること近くて、すごく親近感湧いたし、今後も仲良くいれそうだった。

 

田舎に住むと、世界が小さくなると思ったけど、意外とそんなことない。

 

こんな田舎まで、わざわざ面白い子がやってくるわけたから。

 

僕が面白い存在であれば、場所とか関係ないし、まだまだ力不足だけど、コツコツやって、面白い人間になりたいと思った。