佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

僕は時間とお金を正しく使いこなせるかな?

f:id:matsumo_saga:20201221071948j:image

 

最近は、ハウスの完成に向けて、ひたすら手を動かしてます。

(もうそろそろ、終わる!やった!!)

 

人手が必要なビニール張る作業は、多くの方に手伝ってもらったおかげで終わったので、あとは、ビニールが飛ばないように、ハウスバンドをつけたり、網を張ったり、ペグを打ったり、細かい作業。

 

手先を使う作業なので、手袋をしてるとなかなかやりにくくて、素手でやるから寒さで手がカチカチに。

 

ハウスが結構大きいので、そういう調整は時間がかかる。

 

地味な作業ですが、黙々と作業していると、いろいろ考えが頭を巡り、頭の中が整理されていくと同時に、1日があっという間に過ぎていくような感じがします。

 

 

「自転車のギアのように、スタートは、ギア1にして一生懸命漕いだ方がいいかもしれないけど、ある程度スピードがあがったら、ギア1のままでは疲れるだけでうまく進めない。然るべきタイミングで、ギアを替えていかなくてはいけない」

 

正確な言葉は覚えてないけど、そんなニュアンスの言葉だった気がします。

 

お世話になってる方から、以前いただいた言葉ですが、最近になって、その言葉が頭に浮んできて、考えるようになりました。

 

 

自転車では、

ギア1=軽やかでほとんど力が要らないけど、推進力がない

ギア2以降=力はいるが、推進力がある

 

これを事業に例えると、多分、力は、原資のことで、もう少し具体的にいうと、時間とお金、(人の力)といったように置き換えられるだろつ。

 

ずっと同じ力の使い方をしてたら、自転車はうまく漕げない。

 

言い換えると、ずっと同じ時間の使い方、お金の使い方をしていたら、仕事はうまくいかない。

 

自転車の操縦のように、うまく進むためには、

ギア1→ギア2→ギア3とステージ毎に力の配分を変えていかないといけない。

 

今の僕はどうだろうか?

 

当然と言えば、当然だけど、ギア1で必死に漕いでいる気がする。

 

大事なのは、フェーズによって(時間・お金)の使い方を変えないといけないということ。

 

おそらく今年度いっぱいは、このままギア1で漕いである程度スピードに乗ろうと思うので、来年度からはギアを変えて、より推進力を意識した時間・お金の使い方をしたい。

 

時間や金の使い方は、もう少しいうと習慣とも言えると思うので、習慣についてもいい機会なので見直そうと思う。

 

習慣の力 The Power of Habit

習慣の力 The Power of Habit