素ヱコ農園の日々

佐賀県伊万里市でストレスフリーの平飼いで外国産の餌に頼らないこだわりの餌作りを行っています。

ばあちゃんの昔たまごはこちらから

不安定で、助けられながら、ちょっとずつ進んでいく日常

ばあちゃんの昔たまごはこちらから

f:id:matsumo_saga:20201126233734j:image

 

ひよこが、餌をやってる隙に逃げ出した。

 

もうだいぶ大きくなってきた。

 

動きもすばしっこくて、捕まえるの苦労した。

 

もう、そろそろ外に出す頃だ。

 

生まれたすぐで、まだ羽が無い時期から見てるから、バサバサと飛び、すばしっこく僕から逃げ回わってるのに、捕まらないことに対する苛立ちと共に、ちょっとした嬉しさがあった。

 

生まれてから、5ヶ月後ぐらいに卵を生み出すので、まだまだ先だが、ちゃんと大きくなるだろか、と不安だけど、楽しみでもある。

 

 

 

 

買い物をしに、出かけてたら、福岡から来られた大黒さんというご夫婦が、農場に来てくださっていて、僕の居ない間に、ゴミの片付けをしてくださってた。

 

本当に、びっくりした。

 

大黒さんは、金吾さんの知り合いで、お米を買いに来たついでに、僕のところに寄ってくださって、僕が知らないうちに、ゴミの整理をしてくださってた。

 

f:id:matsumo_saga:20201126235440j:image

 

Facebookでは、やりとりさせていただいてたが、対面で会うのは初めてで、それなのに、わざわざ駆けつけて、ゴミを拾ってくださるなんて、普通、考えられない。

 

大黒さん夫妻は、また近々来るよ、と言ってくださった。

 

手作りのかしわおにぎりと梅干しが美味しかったな。

 

 

 

鶏の数をもう少し増やしたいなと思っている。

 

そのために、

①現養鶏場の整備

②新たに養鶏場の作成

をしないといけない。

 

①現養鶏場の整備に関しては、一人でやれることが多いので、一人の時はこちらをやっている。

 

その中でもやることは

❶電気の設置

❷井戸掘り

❸物置スペースの確保

❹撹拌器

区間の整備

❻止まり木、餌箱などの作成

 

水がまだ不透明だが、それ以外は①に関して、ゴールがちょっとずつ見えてきた気がする。

 

 

②新たに養鶏場の作成は、ある程度人数を要するので、人が手伝いに来てくれたときに一気にやっている。

 

ここに関しても、草刈りはある程度終わり、ゴミの片付けもある程度終わりが見えてきて、あとは必要な資材を揃えて、ビニールを張っていく作業になる。

 

 

f:id:matsumo_saga:20201127001209j:image

 

今回はヤギが結構活躍してくれている。

 

ありがとう。

 

 

今日、業者さんを呼んで、必要な資材など打ち合わせした。

 

実は、最近、農業資材に関して、他の業者さんに頼むようにした。

 

僕的に、一度仕事の依頼をした時に、営業の方の対応が良かったので、そちらの方にお願いすることが多くなった。

 

何もわからない素人なのに、いろいろ教えてくださって、すごくいい方だなって思った。

 

まだまだ仕事内容自体が、安定する(ルーティンで同じ作業をする)フェーズじゃないので、バタバタしてますが、一個ずつやっていきたいと思います。