佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

なんとかしたいって人は結構いる

ハウスの片付けがちょっとずつ進んできた。

 

問題だったのが鉄パイプ。

 

めちゃくちゃ長くて、運ぶのも一苦労で、処理に困っていた。

 

「鉄パイプ 処理」とかで検索しても、なかなか良いヒントが得られなくて。。。

 

鉄パイプを切るという発想がなかった。

 

鉄パイプを切るためには、ゴッツイ機械が必要で、火花とか散らさないといけないのかな。。っていうイメージだった。

 

「鉄パイプ 切断」と検索すると、結構いろんな方法があった。

 

 

 

1000円前後で買えるパイプカッターを使うと、結構簡単に切れることを知ったので、近くのホームセンターで買って早速試すことに。

 

 

f:id:matsumo_saga:20201121212045j:image

 

パイプカッターの仕組みは、切り込みを入れて、一周させて切るといった感じだ。

 

結構簡単に切れて、感動した。

 

高校の先輩も手伝いに来てくれて、一緒に作業したことでだいぶ捗った。

 

その先輩は、独立とかも考えている方で、作業しながら、その先輩の話を聞いてて、すごく刺激になった。

 

こうして若い人で、盛り上げていけたらいいな。

 

 

 

使えそうな鉄パイプは残して、使えなさそうなパイプは、鉄くずとして持っていく。

 

鉄くずでも、キロ20円ぐらいで引き取ってもらえる。

 

鉄パイプをずっと使っていると鉄パイプの加工とかもチャレンジしたくなった。

 

電気も通るようになるし、溶接、本格的に勉強しようかな。

 

 

午後は、中学校の先輩からTwitterで連絡があって、10年振りに会うことになった。

 

農園に遊びに来てくださった。

 

その先輩は、地元で何かしたいと考えていたらしく、僕がやっていること見つけて、ブログなどを読んでくださっていた。

 

今、大企業で働かれてて、ビジネス経験も豊富で、熱い想いも持たれてて、話を聞いてて、すごくワクワクしたし、近場で同じ思いを持った方がいて、嬉しかった。

 

伊万里終わってる。伊万里なんて出ていきたい。そう思っていた。」って話されていた。

 

確かにそう思う。

 

「でも、やっぱり離れてみると、愛着湧くよね」

 

 

こういういろんな経験を持たれた方が、伊万里のことを気にしてくださってることが、本当に嬉しいし、本当に刺激になった。

 

中学の時とは違った話ができて新鮮だった。

 

10年ぶりで変な感じしたな。

 

僕は、まだまだ全然結果も出せてないし、この先どうなるかも全然分からないけど、1日1日ちょっとずつコツコツやって、しっかりと力をつけたい。

 

 

伊万里をなんとかしたい、っていう若い人は、結構いるから、伊万里に残っている人間として、しっかりと結果を出したい。

 

みんなで、ガンガンやりたいな。