佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

農家の仕事は環境づくり

f:id:matsumo_saga:20201118101743j:image

 

家畜保健衛生所の方々が来て、石灰を11袋もらった。

 

石灰が配られた理由は、高病性インフルエンザ対策のため。

 

香川県で数軒のインフルエンザが確認された。

 

その中には33万羽という相当数の数の養鶏場もあった。

 

他にも、鹿児島の水源で、インフルエンザの菌が確認されたそうだ。

 

鹿児島にで確認されたいうことさ、九州に菌があることは間違い無いので、引き続き対策はしっかりとやらないといけない。

 

といっても、インフルエンザが出た養鶏場も大規模なところで、きっとめちゃくちゃ対策してたと思うから、防ぎようがないのかな…

 

インフルエンザは、自分だけじゃなくて周りにも迷惑がかかる。

 

感染症といえば、今、猛威を奮っているコロナウイルス

 

ウイルス自体よりも、それにかかった時の世間の目が怖いな。

 

僕の養鶏場は、1000㎡ぐらいの面積があり、その周りに一人で石灰を撒くのは結構大変だけど、何かあったら、しょうがないのでちゃんとまがなければいけない。

 

どんな仕事もリスクはつきものなので、それをどう防げるかが、プロとして大事なことなのかもしれない。

 

 

 

f:id:matsumo_saga:20201118171601j:image

 

先日、仕掛けていた罠に、イノシシが入ってたみたいだ。

 

でも、捕まってなかった。

 

中を覗くと、餌が食べられていた。

 

でも、糸は動いてなかった。

 

僕はハンターとして、まだ実力不足みたいだ。

 

仕掛けの餌を食べていたということは、罠の中に入ったということ。

 

かかるのも時間の問題かもしれない。

 

糸の張り方や朝のまき方を変えて、もう少し様子を見てみようと思う。

 

もし捕まったら、どうしようか。

 

ちょっぴりワクワクする。

 

 

f:id:matsumo_saga:20201118172824j:image

 

今、整備しているもう一方の金柑のハウス。

 

草はだいぶなくなって歩けるようになった。

 

毎日、草をたべてくれているヤギのおかげ。

 

f:id:matsumo_saga:20201118172927j:image

 

問題はゴミ。

 

f:id:matsumo_saga:20201118172950j:image

 

ゴミがなんとかなれば、あとは、金柑の木を抜根して、上にビニールをかぶせて、金網で周りをぐるぐる。

 

ここを急いでいるのは、金柑が色付き始めると、鳥が寄ってきて、鶏と接触する可能性があるから。

 

金柑に寄ってくるところは見たことないけど、知り合いの人が危ないぞ、って言っていた。

 

 

農業は、環境を整えることが仕事だ。

 

土を耕すことも作物にとっていい環境を作ること。

 

水やりも、作物にとっていい環境を作ること

 

ビニールハウスを作ることも、こうして害獣が来ないように対策することも、環境を作ること。

 

環境を作るって、すごく広義で、いろんな解釈ができるけど、まさにいろんな環境を整えています。

 

そのためには、知識や技術が必要なので、もっと勉強しなくては。