佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

井戸堀の業者見つけるの難しい

「ねえねえ、蛇口はどこ?」

 

「ごめん、蛇口なかとよね」

 

手伝いに来てくれた人とよくする会話だ。

 

 

うちの養鶏場は、水が通ってない。

 

雨水を溜めたり、小川の水を使っている。

f:id:matsumo_saga:20201117123502j:image

 

そうそう、電気もない。

 

すごく原始的。

 

今の時代、電気も水もなくやれるって、逆にすごいことじゃないかなって思ってる。

 

このやり方でやってると、どこでもやっていける気がしてくる。

 

 

これまでは、鶏の数がそんなになかったので、水が無くても電気がなくても、やっていけてたけど、今後、鶏の数をもうちょい増やしたいなと考えている。

 

そうなると、今のままじゃ足りない。

 

今後の展開や作業の効率化を考えると、お金がかかったとしても、井戸を掘ったがいいなと思ったので、調べてみることに。

 

 

井戸掘りは、水脈の関係もあり、地元の業者に頼んだ方がいいと聞いた。

 

ネットで見つけた伊万里の企業に電話すると、今はやってない、と断られた。

 

ネットで井戸掘りをやってる業者について調べても、なかなか出てこない。

 

農業やってて知ったことは、日常的に使わないような製品やサービスはなかなかネットにはあまり載ってないということ。

 

今、餌を混ぜるための撹拌器を中古で探しているが、その情報もネットになかなか載っていない。

 

これも早く手に入れなくては。

 

地元に根差して事業を行なっているところは、人伝に探すしかないんだなって思う。

 

知り合いに水道周りの会社があったので、尋ねてみると、隣の市のある会社を教えてくれた。

 

その会社曰く、伊万里は、さく井やってるところほとんも無いらしい。

 

 

近くに、水脈わかる人いなかった。。

 

 

気を取り直して、隣の市にある教えてもらった××ボーリングという会社に電話すると、

 

「うち、井戸やってないです。そのボーリングじゃ無いんですよね。エンジンのボーリングです」

 

 

 

他にもハウスを建てている業者に電話したり、農家さんに聞いてみたり、、

 

なかなか見つからない。

 

ある建設会社に電話して、やっと一つ会社を紹介してもらえた。

 

その会社の社長さんがうちの農場に来て、周りの地形を見るなり、

 

 

「この辺を掘った方がいいでしょう。50メートルもいかないと思います」

 

 

長年の経験から来る目利きなのだろうか、ここを掘れば出ると、言われてた。

 

「金額どれくらいですか?」

 

「1メートル1万5千円です」

 

プラスで、水を汲み上げる機械とかも必要になる。

 

とりあえず、見積もりを作ってもらって、出来たらあと何社か話聞いてみたいなって思っている。

 

誰か知り合いいませんか?

 

電気もやらなくては。