佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

失敗はサイエンス

イノシシが入ってきた。

 

荒らされた。

 

餌を保管しているところ。

 

柵が壊され、餌の米袋が破られていた。

 

このまま餌を食べ続けられてしまったら嫌だ。

 

なので、罠を仕掛けた。

 

f:id:matsumo_saga:20201111214520j:image

 

果たして捕まるか?

 

捕まらんかったら、また次の対策を考えよう。

 

猪ハンターとして、初めて罠を仕掛けた。

 

なんか、ちょっとワクワクする。

 

 

「成功はアート、失敗はサイエンス」

 

この言葉は、メガネブランドのOWNDAYSの田中さんが何かの番組で言ってた言葉で、すごく心に残っている。

 

成功はいろんなやり方があるから、真似できないけど、失敗は大体みんな同じところで失敗するから、成功を真似するより、失敗についてしっかりと学んだ方がいいと言われていた。

 

 

僕自身、失敗の本質という本は、日本軍がなぜ失敗したのか?ということが分析されていて、そこで紹介されていることは、戦略を立てるときや組織を動かすとき、何かプロジェクトをやるときにすごく参考にしている。

 

 

そうそう、お世話になっている金吾さんも、

 

「成功談は、あてにならん。失敗を大事にしろ」とよく言われている。

 

 

失敗について、しっかりと考察するような癖をつけたいなと思う。

 

 

 

急に電話がかかってきた。

 

一度会った方だったけど、そこまで親しくない方だった。

 

話はいきなり始まった。

 

「oo町の××です。その節はお世話になりました。来年は、猪年でしょ?私、焼き物作っているんですよ。猪の焼き物買いませんか?」

 

「えーっと、大丈夫です。」

 

「大丈夫って、いるってことですか?」

 

「いや、いらないです。」

 

「あーっ、そうですか!どうも(ぶちっ)」

 

って感じだった。

 

僕も、農作物を売って商売をしている身として、営業は勉強しないといけない。

 

失敗から学ぶという点では、いい題材だなって思った。

 

 

シンプルに、その猪の焼き物欲しい!ってならなかった。

 

なぜか?

 

そこに共感することもなかったし、必要性も感じなかったらから。

 

もし、自分の暮らしとその商品がどこかで重なる接点があれば、よかったのかな?

 

例えば、置物を置いたことあるかないか、聞いてみて、もし、あればそれについて聞いてみて、もしなければ、あることでどうなるか聞いてみて

 

もっと、自分の商品を売る前に、相手のことを知る必要がある気がする。

 

 

一方的に押し付けるのは、良くないんだなと改めてわかった。

 

 

商売は、お互いがハッピーにならないといけないと思うので、僕も相手のことをしっかりと想像して、農作物を届ける人になりたいな。