佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

あったい周り

f:id:matsumo_saga:20201110222358j:image

 

今日は、ハウスの側面の荒れたところを刈った。

 

無造作に伸びきった草木が視界を塞ぐ。

 

前がよく見えない中、草刈機を使う。

 

ハウスを止めていたバンドが、あちこちに落ちてて、作業の途中で草刈機に絡みつく。

 

その度に止まって、鎌でバンドで絡まったやつを解いて、また、エンジンをかけて、草刈機を動かす。

 

「うーん。うまくいかんな。」

 

絡まならいように草刈機を辞めて、鎌でやろうとするけど、やっぱり途中に固い木があったりするから、草刈機でやるしかない。

 

そんな感じで作業してた。

 

2つあるうちの一方のハウスは、もう養鶏場兼果樹園として機能している。

 

f:id:matsumo_saga:20201110224411j:image

 

残り一方のハウスを年内に片付けたい!

 

そのためには、ちゃんとした計画を立てなければ。

 

①ゴミ拾い

②草刈(歩ける程度でよい。ヤギと鶏が食べるから)

③亀甲網を買って、柵を作る

④ビニールハウスを被せる

⑤仕切りを作る

❻灌水設備を整える

❼鶏を入れる

 

①-⑤までは、年内に終わらせたい。

 

③④は資材を取り寄せたりしないといけないので、業者と打ち合わせしないといけない。

 

 

前回は、右も左もわからなかったので、行き当たりばったりで作業してたけど、今回はそれをやってたらだめだ。道筋をしっかりと立ててやっていきたい。

 

そして、手伝ってくれる方もいるので、ぼくがちゃんと道をしめせたらきっと終わる。

 

 

 

いろんな人に助けられているなーって本当に実感する。

 

今日は午前中、山本さんという76歳には見えないおじいさんが来てくれて、リポビタンDなどを差し入れしてくださった。

 

心があったかくなった。

 

 

また、ひよこのことで、いくつか聞きたいことがあったので、本間さんに電話した。

 

本間さんは、忙しいのに、質問すると、一緒に問題を考えてくださる。

 

養鶏をやり始めて数ヶ月なので、ほとんど手探り状態だが、それでも大きな失敗がなくやれてるのは、こうして、経験ある本間さんが出し惜しみなく、いろんな経験を教えてくださるからだ。

 

 

今日から、クラウドファンディングのリターンとして、卵の定期配達を始めた。

 

たくさんの方に支援していただいているので、ちょっと待たせる形になるが、必ず、お届けするので、暫しお待ちを。

 

 

いま、自分はいろんな人から、たくさんいろんなものをいただいている。

 

その一つ一つにその人の気持ちが伝わってきて、胸があったかくなり、うぉー!!ってやる気になる!

 

いつか僕も、僕の周りの素晴らしい方々のように、与える側になりたい。

 

誰かを励ませるようになりたいな。

 

現時点で力がないことが悔しい。

 

でも、いまはそうだとちゃんと割り切って、だからこそ、コツコツやっていきたい。