佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

素ヱコ農園

追い込みの2週間にする、と宣言したので、必死こいて本読んでます。

 

まだ1日しか経ってないのに、ひいひい言ってます。

 

思ったより養鶏の本の内容が濃くて…

 

同じページ数でも、ビジネス本や小説と違って専門書は読みにくいですね。

 

今2冊目が終わろうとしています。

 

でも、やっぱり本で体系的に学ぶのはすごく良いことだなと改めて思います。

 

残り13日で、8冊。

 

 

論文は、まだ2本しか読めてないので、残り98本。

 

よし、やるぞ。

 

 

 

よく本を読むとかっていうと、本も大事だけど現場が大事だよ、とアドバイスいただきます。

 

僕はそもそも1日のほとんどは現場にいます。

 

朝5時ぐらいから日暮れまで、いろんな作業をしてます。

 

現場で、この餌を食べさせたら、どんな卵が出るかなど、鶏の状態を見ながら、いろいろ試しております。

 

その上で、理論を身につけるのが大事だと思うので、勉強をしている訳です。

 

 

こっからはさらに、卵の味についても、もっと理解しないといけないので、これから全国のこだわりの卵を食べていこうと思います。

 

このブログでも、たまに食レポさせてください。

 

 

 

f:id:matsumo_saga:20200926234833j:image

 

この看板いいでしょ?

 

「素ヱコ農園」の看板です。

 

よく手伝いに来てくださる大崎さんが作ってくださりました。

 

大崎さんは、野球部時代の同級生のお父さんなのですが、すごく良くしてくださります。

 

資材も提供してくださって、ドラム缶や角材など、たくさんいただきました。

 

また週末もよく手伝いに来てくださります。

休みにも関わらず…

 

卵を届けた時なんて、その卵で、ケーキやカスタードを作って持ってきてくださって、

 

「お前の卵の味をしっかりと味わって」

 

と言ってくださった。

 

 

 

今日も大崎さんは、昼から仕事が休みだからと来てくださった。

 

大崎さんには、これから来る鶏のための止まり木を作ってもらった。

(参考までに、鶏が寝る時に止まる木のことを止まり木と言う)

 

大崎さんみたいな方が、本当に周りにいることが感謝です。

 

僕はその機体に応えたいので、自分ができることをガンガンやっていきたいと思ってます。

 

P.S フルタク誕生日おめでとう。

いい一年に。

こうやって一緒に誕生日迎えれたことが純粋に不思議な気分です。