佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

まだうまく言えないけど、ヒッチハイク的な仕事の仕方

こんにちは。

 

素ヱコ農園の松本です。

 

モチベーションの維持とアウトプットの機会を強制的に作ることを目的として、このブログ書いてます。

 

2月から書いてるので、半年ぐらい経っているのに気づきました。

 

意外と継続する力は、あるなと安心してます。

 

農業コンサルの友人(正しくはフードカタリストらしい)に加えて、大学一年生もうちに手伝いに来てくれた。

 

大学生は、佐賀市の子で、3日ほど、うちに泊まっていく予定。

 

 

f:id:matsumo_saga:20200824133744j:image

 

とにかく人手が必要な時期なので、手伝いに来てくれることが、すごく嬉しい。

 

二人とも僕のスケジュールに、完全に合わせてもらってる。

 

朝5:30から仕事をスタートさせるスタイルに。(すみません)

 

早朝は、まだ涼しいので作業がすごくしやすい。

 

このうちに、ばぁーと集中して、仕事をして、10:00にはあがる。

 

昼寝して、15時ぐらいからスタートさせる。

f:id:matsumo_saga:20200824134300j:image

大学生は、「1日が2倍になった感じがします。それぐらい毎日濃い時間過ごしてますね」って言ってた。

 

合間時間は、読書や勉強に当てて、少しでも経験不足を補おうと考えている。

 

昼寝もめっちゃする。

 

結構、自分の時間で仕事している。

 

 

そんな姿をみて、

 

「大学生は、こんな働き方あるんですね!!」

 

とびっくりしてた。

 

 

僕も大学生と話をしてて、刺激になることばかりだ。

 

5歳違うだけで、こんなに感覚違うのかなーって思う。

 

 

f:id:matsumo_saga:20200824134930j:image

 

 

答えがない仕事で、お金もそんなにないという中で、知恵を使ってやっていかないといけない。

 

僕がしっかりと指示出さないといけないのだが、やはり、僕もやったことないことで、あれこれ悩んだりする。

 

みんなで、あぁじゃないかな、こうじゃないかな、と考えながら仕事をするのが楽しい。

 

 

そして、昨日も夕方から野球部の同級生の父が手伝いに来てくれた。

 

 

「僕ができる範囲で、全力で応援するから」

 

と休みの日なのに、わざわざ来てくれて、仕事場で使わないような機材を提供してくれたりした。

 

 

ゴールはなんとなく見えてるけど、方法として分からないことが多い。

 

 

そういうときは、人に頼れば良いんだなって気づいた。

 

 

ヒッチハイクに似てるような気がする。

 

ヒッチハイクは、行き先だけ書いて、方法は人任せって感じだ。

 

いや、意外と人任せじゃない。

 

車が多く通るところとか、止まりやすいところとか、逆に自分から乗せてくださいって言ったり、戦略的に人任せをするように努力しないといけない。

 

ヒッチハイクだって、楽じゃないんだ。

 

メンタル相当やられる。

 

 

 

僕の仕事の仕方もヒッチハイクみたいだ。とふと、思った。

 

 

行き先は、大体分かってるけど、行き方は分からない。

 

だから、戦略的に人に頼って、みんなと一緒にその目的地に向かう。

 

 

このヒッチハイクについては、もう少し言語化したい。

 

今度、高校生の前で50分ほど、話をする機会をいただいたので、この辺りについて話ができたらなと思う。