佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

スベリヒユの魅力

今回は、スベリヒユについて話をしたい。

 

僕は、スベリヒユについて、めちゃくちゃ可能性を感じている。

 



心身日々良好を、目指している、漢方が集まるくすきの杜にも、このスベリヒユがあた。

 

しかも、違う名前でだ。

 

五行草。

f:id:matsumo_saga:20200818222001j:plain

 

 話を聞くと、スベリヒユには、漢方に必要な五行の要素が全て揃っているらしい。

 

葉は青で、茎は赤で、花が黄色で、種が黒で、根っこが白。

 

名前がカッコ良すぎて、五行草っていうネーミング、すごく気に入った。

 

 

また、友人がスベリヒユの種を買ったと写真を送ってくれた。

 

オーガニックの種ということもあり、すごく高かった。

f:id:matsumo_saga:20200818222445j:plain

 

具体的な値段は、0.4gで310円。

 

この0.4gがどんなものかというと、このぐらいだ。

 

f:id:matsumo_saga:20200818222453j:plain

 

 

手のひらにちょこんとした量。

 

これが、0.4gの量。

 

これで、310円もするのだ。

 

ものすごく高級だ。

 

 

ちなみに、僕の畑に生えているスベリヒユも、自分で種を取ってきて、畑に植えたものだ。

 

なぜ、雑草なのにわざわざ畑に植えているかというと、畑に植えていた方が、筋のようなものがなくて、柔らかくて美味しいからだ。

 

ネイティブアメリカンの人たちの方々も、雑草を食べていたようだが、元々は雑草でも、畑でちゃんと管理したものしか食べなかったらしい。

 

畑で、かつ ビニールハウスで育てている時点で、雑草というには、非常に失礼なのかもしれない。

f:id:matsumo_saga:20200804193415j:plain

 

 

そして、このスベリヒユの最大の魅力は、シンプルに味が美味しいことだと思う。

 

食感が、プルっとしていて、食べていて、葉物が持つ変な癖みたいなものもなく美味しく食べられる。

 

僕の農場を訪れた人に食べているが、みんなその味にびっくりしている。

 

もう既に、何軒かの飲食店は使ってくださっている。

 

しかも、朝に収穫するか、夜に収穫するかで味が全然変わってくる。

 

具体的にいうと、朝は酸っぱいけど、夕方はそんなに酸っぱくない。

 

これは、リンゴ酸が関係していて、夜中に二酸化炭素をリンゴ酸として、蓄えるという珍しい代謝の仕方をするからだ。

 

似た仲間で、アロエやサボテンがある。
(これらの特殊な代謝経路を持つ植物たちをCAM植物という)

f:id:matsumo_saga:20200818223730j:plain

 


 

これらの植物は、日中に蒸散という水分を外に出す働きをしないため、乾燥した土地でも生育が可能である。

 

そのため、スベリヒユは、他の葉物野菜と比べて非常に、日持ちするのも料理をする人に取っては、嬉しいポイントだと思う。

 

 

これまで、何回かスベリヒユについて紹介したことがあるが、今回は、また違った角度から紹介してみた。

 

ω3脂肪酸が野菜で一番含まれているというのが、面白かったので、栄養面や機能性の面について紹介したが、他にもいろんな魅力があった。

 

このスベリヒユを、鶏にも食べさせたいなと思っている。

 

どんな卵になるかな。