佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

たくさんの犠牲の元で、いま、ここにいるということ。

f:id:matsumo_saga:20200815212450j:image

 

じいちゃんと、一緒に墓参りに行った。

 

じいちゃんの故郷は、唐津の湊だ。

 

湊は、唐津の端っこにある両親町だ。

 

じいちゃんは、元々、漁師の家系で、じいちゃん自身も船乗りをしていた。

 

じいちゃんの実家に寄ったら、サザエ貰った。

 

すごく大きくて、刺身にして食べたら、最高にうまかった。

 

よくよく考えたら、うちの父は農家、母は漁師の家系だ。

 

僕は、農家と漁師のハイブリットということになる。

 

ルーツというのは、結構大事な気がしてて、いつも海を見る度にワクワクするのは、僕にそういう血がながれているからかな。

 

道中、じいちゃんと一緒にいろんな話をした。

 

終戦の日ということもあり、戦争の話も聞いたりした。

 

じいちゃんは戦争経験者だ。

 

84歳だから、1936年生まれで、終戦の時は、9歳だ。

 

じいちゃんが子供の頃は、ひもじい思いすることばかりだったらしくて、芋ばかり食べてたと言っていた。

 

飛行機が来たから、海に潜って、船の下に隠れたりしてたらしい。

 

 

こういう日本人として、ルーツを探ることってすごく大事な気がする。

 

 

 

学校に通ってたとき、一年に一回は平和教育が行われていた。

これは素晴らしいことだと思う。

 

戦争がどんなに酷いものか映像と共に、教えてもらい

 

「もう2度とあの悲惨な戦争をおこしません」

 

と言っていた記憶がある。

 

僕と同じぐらいの歳の人が国のために命を投げ打って戦ったり、何の罪もない一般人が、一気に殺されたり、

 

こんな悲惨なことが起きたのかというのが、信じられない。

 

戦争はダメだとみんな知ってる。

 

あの戦争は間違いだったとみんな言う。

 

ただ、そんなダメな戦争がなぜ起きたのか?ってのは、ほとんどの人が話せない気がする。

 

どういう流れで、戦争になったのか。

 

その歴史の流れを丁寧に紐解いていくことが、すごく大事な気がする。

 

 

だって、誰も戦争なんて、望んでないし、正義と正義のぶつかり合いだから。

 

昭和史 1926-1945 (平凡社ライブラリー 671)

昭和史 1926-1945 (平凡社ライブラリー 671)

 

 

ここに紹介した、半島一利さんの本は、非常にオススメだ。

 

歴史にはいろんな側面があるが、それを踏まえた上で、論を展開してて、すごく勉強になった。

 

 

 

 

戦争の流れを俯瞰して見ていると、どんだけ大局観を持って、冷静に物事をみて考えるかが大事なんだなと思う。

 

 

日本がアメリカと戦争するというのは、明治維新をした瞬間なら、決まってたことだったのかもしれない。

 

 

学生時代は、この戦争のことについて、実際に足を運んだりしながら、自分なりにいろんなことを考えてきた。

 

特攻隊の基地だった知覧、戦艦大和がが作られていた呉、疎開した児童の手紙がたくさんある大阪、原爆の広島、靖国神社、ドイツのベルリンの壁や、太平洋戦争の激戦区のペリュー島など。

 

f:id:matsumo_saga:20200816101723j:image

 

今、僕が言えることは、

 

沢山の人の犠牲のもとで、僕らが、いま生きてるということ。

 

この命はかなり重いなと、感じる。