佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

スーパーの前にある洋服屋に対する違和感

僕が住む地域は、すごく田舎だ。

 

少子高齢化が、深刻に進み、毎年、人口は減っていくし、平均年齢もどんどん上がっていると聞く。

 

確かに、道歩いている人をほとんど見かけないし、見る人もおじいちゃん、おばあちゃんばかりだ、

 

最近知ったこの町の歪さというか面白さは、伊万里に住む外国人の半数以上が、この町に住んでるということ。

 

技能実習生として、働く東南アジア系の人たちが自転車に乗って、移動しているのをよく見かける。

 

近くにある名村造船所という大きな工場があるからだろう。

 

 

僕の住む町には、AコープというJAが経営しているスーパーがある。

 

そこに買い物に行った時だ。

 

そのスーパーの外側で婦人服がズラリと並べて、売られていた。

 

 

f:id:matsumo_saga:20200814115904j:image

 

どうやら、商売人が、この町に洋服を売りに来ているらしい。

 

 

普通は、こんな人口が少ない町で、商売しようと思わないだろう。

 

だからこそ、周りに洋服屋さんがない。

 

競合がいないからこそ、わざわざ売りに来てるのかな?

 

すごく気になったし、面白そうだったので、この服を売っている人に話しかけてみた。

 

 

すると、意外な答えが返ってきた。

 

 

全然売れてない

 

 

ここ何年かはどんどん人が減って、全然商売になってない

 

 

とのことだった。

 

 

こういうところだからこそ逆に売れるとか、

 

何か特別なことがあると思ったのに、そこにはあまり深い意味はなかったようだ。

 

話を聞いていくと、この商売人は、週毎に場所を変えて、洋服を売るという商売をやられてるそうだ。

 

もうこのスタイルで、何十年も商売されているらしい。

 

習慣になってるんだろう。

 

何十年も変わらず同じスタイルで営業していくこと。

 

それ自体は別に良い悪いじゃないと思う。

 

だって、変わらないことが強みになる場合だってあるから。

 

古い喫茶店とか行くのキュンとくる。

 

 

ただ、この商売は、あまり意図が見えなかった。

 

 

商売人の話を聞いて、変えること、変えないこと、が大事なんじゃなくて、意図を持って変えたり変えなかったりするのが、大事なんだなと考えだ。

 

社会はどんどん変化していくので、その社会を見ながら、打ち手を考えたいと思う。

 

 

 

ちなみに、この地域は、伊万里に住む東南アジア方々が半分以上住んでるのに、東南アジアの方々向けの商売は皆無だ。

 

簡単に始めれてかつ、東南アジアの方々に向けたスモールビジネスは、結構受けそうな気がする。

 

分からないけど。

 

 

何をやるにも意図を持ってやりたい。

 

逆に、野球でいう素振りのような基礎的なこと、読書やランニングなどの意思がある程度必要なことは、習慣化していきたい。

 

意図を持つこと、意図を持たずに無意識でやるのも。

 

その辺を使い分けながら、戦える体を作りたいと思う。