佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

スベリヒユ、もっと増やそうかな。

だいぶ、トラックタの操縦も慣れてきた気がする。

 

ハウスの中を整備して、次の野菜を育てる準備をしている。

 

f:id:matsumo_saga:20200808111609j:image

 

うちの畑は粘土質な土壌なので、セオリーでは、畝を高くしないとけない。

 

簡単な畝の作り方(効率的に道具を使って、最小の力で良い畝を作るやり方)を、知らないので、クワを使って畝を作ろうとするが、やっぱり大変だった。

 

トラックタの後ろに、畝立てをつけるやり方があるので、それを試してみようかなと思う。

 

残念ながら、うちにはこの器具はないので、買わないといけないが。

 

畝立てに関しては、他にも色々やり方はあると思うので、動画を見たり、いろいろな人に意見を聞いてみようと思う。

 

これまで、情報を得る方法として、<人に聞く>という方法しかなかったのに、インターネットのおかげで、<動画で見て学ぶ>という方法ができたことは、革命的だと思う。

 

このおかげで、技術の習得までの時間がかなり短くなるだろう。

 

 

それでも、経験談は非常に有効なので、経験した人の話は、しっかりと聞いていこうと思う。

 

 

 

農家を始めて4ヶ月ぐらいだが、振り返ってみると、すごく非効率なことをしていたなと思う。(まあ、今もかもしれないけど。)

 

それでも、なんとかやれてるのは、周りの方々のおかげだ。

 

自分の仕事だけど、周りの人の知恵や時間もいただいていると考えると、自分だけの仕事じゃないなって思えてきて、やる気が出る。

 

f:id:matsumo_saga:20200808111655j:image

 

昨日も、トレナーの方と話をしていて、スベリヒユの可能性をめちゃめちゃ教えてもらった。

 

ネバネバした食感で、えぐみなどなく、食べやすいという食材としてのポテンシャル。

 

農薬を使わずに栽培できて、ω3脂肪酸が豊富に含まれているスーパーフードという栄養・健康面としてのポテンシャル。

 

また、これまでほとんどの人がスベリヒユを知らなかったし、誰も売ってないという市場としてのポテンシャル。

 

 

あらゆる角度から見ても、スベリヒユは良いんじゃないかなって言ってくれた。

 

ちなみに、そのトレーニング施設でも置いてもいいよと言ってくれた。

 

 

スベリヒユが市場に受け入れられるには、いくつか超えないといけないハードルがある。

 

そもそも、ほとんどの人が食べたことがないので、食べ方を知らない。

食べ方まで、販売してやらないといけない。

 

また、栄養面に関しても、もう少し、わかりやすい言葉が必要だなとも思う。

 

 

とにかく、色々考えてたら、スベリヒユを販売していくことに、もう少し体重乗っけてみようかなと思った。

 

先は、あんまり見えないけど。

 

でも、面白そう。

 

 

とりあえず、スベリヒユの種採りしてみた。

 

f:id:matsumo_saga:20200808111737j:image

 

多分、もっと効率のいいやり方があるはずだから、色々試してみたい。

 

 スベリヒユは、鶏の餌としても使おうと思うし、まあ、大丈夫だろう。

 

とにかくいっぱい作ってみるか。