佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

嫉妬

昨日は、ポケットマルシェの髙橋さんが、武雄に来られるとのことで、武雄に行った。

 

ポケットマルシェは、生産者と消費者が直接繋がる社会を目指したECサービスだ。

 

いつもよくしてくださってる生産者さんが、絶対に行った方が良いとわざわざ電話くださったので、時間作って行くとにした。

 

結論から言うと、すごく落ち込んだ。

 

いや、嫉妬したというのが正しいかな。

 

 

どうして、この感情になったのか分からない。

 

始めてみる髙橋さんは、エネルギーの塊だった。

 

タンクトップで、裸足で、みんなの前に立ち、腹の底から、自分の思いを語る。

 

「あぁ、自分がなりたい姿って、こんな感じだったな」

 

何にも囚われてない自由な立ち居振る舞いと、

 

腹の底から出てくる言葉で、

 

周りにいる人を心から熱くさせる姿。

 

 

その姿にものすごく嫉妬したのかもしれない。

 

シンプルにカッコよかった。

 

 

 

実際、話の内容は、全然、ロジックが通ってないこともたくさんあった。

 

 

それでも、これまでの圧倒的な熱意と行動の結果で、自ら湧き出た考えを、結論として、押し切るあのわがままさ。

 

 

もう、カッコ良すぎて、とにかく嫉妬した。

 

 

普段、講演会に行くと、周りの人と話をするようにしてる。

 

特に、今回は佐賀県内のいろんな生産者さんが、来ていて、情報を得るためには、すごく大事な機会だったかもしれない。

 

でも、僕は、すぐ帰った。

 

髙橋さんの、あの立ち居振る舞いや、行動力や、熱量に、ただ嫉妬するばかりだったあの時間を、一人で消化したかったからかな。

 

 

人生一回しかない中で、いつ死んでもおかしく中で、僕らは生きている。

 

せっかくなら、自分が生まれたことで、この世の中を少しでも前に進められたら良いなと思う。

 

 

僕は、若者が誰も住みたがらない田舎で、誰もやりたがらない農業を、敢えて選んだ。

 

 

遠慮せずに、生きたい。