佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

お金を使うって、緊張する。

領収書を見ると、6万4000円と記されていた。

 

 

養鶏場の柵を作るために、亀甲金網を150メートル買った。

 

f:id:matsumo_saga:20200805235216j:image

この金額が一般的に高いか安いか、わからない。

 

 

ただ、今の自分にとっては、間違いなく大きな出費で、支払う時はちょっぴり震えた。

 

でも、次の投資だし、しっかりとお金を使っていかないと、自分が成したいことはできない。


怖いけど、えいやーって感じで払った。

 

よし、やるしかない。

 

 

水菜は綺麗に作っても100g140円。

 

買ってくださるお客さんも、一人当たり500円ぐらいだ。

 

と考えると、そんだけのお金を作るのに、100人以上のお客さんに届けないと捻出できないお金だ。

 

まだまだこれから施設を整えていく上で、どんどん投資していく必要があるが、どこにお金を使うのか?とかは常々考える。

 

 

 

 

まだ、先の話だが、いずれは人を雇いたいなと思う。

 

人件費が高いとよく言われるが、そこにはしっかり使えるような人になりたいと思う。

 

田舎の課題は、働きたいと思う企業が少ないことで、僕自身、最後の最後まで、田舎で働くことに抵抗があったし、友人は働くところを求めて都会の方に出て行った。

 

若者が働きたいなと思える会社を作りたいので、人件費はしっかり払えるようになりたい。

f:id:matsumo_saga:20200806000004j:image

 

現時点では、ただの構想でしかないけど。

 

でも、手伝ってくださる方には、しっかりお礼して行けたらいいなと思う。

 

 

ちなみに、今日も手伝いに来てくれて、金網を張るのを手伝ってくれた。

 

一緒にやると、1+1=3ぐらいなペースで作業効率が上がる気がする。

 

周りに恵まれてる。

 

 

 

とはいえ、理想と現実のギャップはかなり大きい。

 

今やってる養鶏場を制作する作業も、片付けや工事で、出て行くお金が多く、現時点では全く価値を生んでない。

 

だって、まだ何も生産できてないから。

 

そして、鶏が来たところで、本当にしっかりと飼うことができるかも分からない。

 

今もそうだし、未来もうまくいくかどうかなんて、全くわからない。

 

 

それでも、田舎に帰ってきて、農業をやってるからには、リスクとって、進んでいくべきだと思ってる。

 

さらに、自分がやりたいことを語り続けること。

 

未来はどうなるか、わからない。

 

だからこそ、楽しいんだと思う。

 

 

 

守りに入らず、もっともっと突き抜けたい。

 

そのためには、日頃から地道に爪を研いで、おく必要がある。

 

最初の数年は実験になると思うので、なるだけ多くのことを試して、いろんなデータを提げて、4.5年後に大きい勝負にでたいなと思う。

 

今日みたいにお金を使うっていうのは、すごく良い投資だと思うので、今後もやっていこうと思う。

 

とりあえず、ブログは良いアウトプットや思考の場になってるので、今後も続けよう。