佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

道具と時間

一旦、野菜の生産のペースを落としている。

 

いろんな野菜を作っていたが、今は水菜とスベリヒユのみ。

 

f:id:matsumo_saga:20200804193415j:image

 

理由は、養鶏場を作っているから、

 

これまでブログで何度か紹介したが、元々耕作放棄地だったところから、養鶏場を作っている。

 

 

ゴミが非常に多くて、さらに、草もボーボーで、ここを綺麗にするのは相当な時間とお金と労力がかかる。

 

この作業は、マイナスからのスタートで、お金を生み出すわけではない。

 

だから、どういうふうに、時間を使っていくか?ってのがすごく問われている。

 

 

時間を有効に使うために必要になってくるのが、道具をうまくつかうことだ。

 

 

特に、僕は一人で作業をやることが多いので、同じ作業時間でも、どんな道具を使ってるか、そして、その道具を適切な使い方をしてるかどうかで、作業のスピードがびっくりするほど変わってくる。

 

 

おそらく、ベテランと言われる人たちは、この道具の使い方が上手い人たちだ。

 

 

f:id:matsumo_saga:20200804193549j:image

 

 

今、ハウスの溝を掘って、そこに瓦を敷いて、埋めている。

 

理由は、下から、イタチが入ってこないように、するため。

 

養鶏を行う上で、一番危惧すべきは、そういった害獣をどう防ぐかで、ここを疎かにしてたら、一晩で鶏が全滅した、なんてこともある。

 

イタチごっこ、という言葉があるように、イタチはすばしっこくて非常に厄介だ。

 

このイタチが穴を掘って鶏舎に侵入しないように、穴を掘って、そこに瓦を敷き詰めている。

 

 

最初、スコップで掘っていたけど、なかなか作業が進まない。

 

 

途中に石があったり、根っこが張ってたりして、なかなか、スコップの先が土に入っていかない。

 

 

力づくでやってたけど、効率が非常に悪かったので、一旦、作業を辞めて、いろいろ考えたり、調べることにした。

 

以前、水路を作る時に、金吾さんに教えてもらった三角ホーを使うことにしてみた。

 

すると、作業ペースが段違いに早くなった。

 

穴を掘るスピードが、1/3ぐらいに。

 

 

これは結構凄くて、3日かかってたのが、1日で終わることになる。

 

特に、鶏舎は結構広いので、この細かい効率化が、非常に効いてくる、

 

 

①どんな道具を使うか②その道具を正しく使えるか

 

 

ここの2つを意識するだけで、1日の作業スピードは、大きく変わってくる。

 

道具を揃えることは、時間を買うこととほぼ同じかもしれない。

 

これからも、積極的に、道具に投資していって、時間を買って行こうと思う。