佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

自分以上に、集中して、手を動かすみんなを見て、

農家になって時間の使い方について、毎日考えさせられる。

 

みんなが活動してる日中はどうしても、暑すぎるので、僕の場合は、外で仕事しないようにしてる。

 

 

 

昼寝したり、勉強したり、机で作業したり、その時々に合わせて、いろいろ自由に動いている。

 

 

 

昨日は、午前中に野菜の収穫をして、梱包をして、発送。

 

 

昼から、ずっと行きたかった特別支援学校に行ってきた。

 

特別支援学校(とくべつしえんがっこう)とは、障がい者等が「幼稚園、小学校、中学校、高等学校に準じた教育を受けること」と「学習上または生活上の困難を克服し自立が図られること」を目的とした日本の学校である。(Wikipediaより)

 

 

オランダは、ケアファームという、農業と福祉をうまく掛け合わせて、農業経営を行う方法が、盛んで、僕も、いくつかの農場を見学させてもらっていた。(日本では農福連携と呼ばれる)

 

出張!オランダ農場 〜農福連携先進国に学ぶケアファーム〜

 

 

このケアファームを実現できたらいいなと思い、特別支援学校に話を聞きに行った。

 

 

別に知り合いとかいる訳でもないので、アポ無しでいったが(非常に失礼だが)、すごく優しくて校長先生が対応してくださった。

 

生徒たちの現状や、それを支える制度などいろいろ具体的な話を聞けて、更に、既に実践してる方を紹介していただいた。

 

こうやって、何か動いてみることで、次に繋がるんだなと強く実感した。

 

 

実現させるにはいくつかのハードルがあると思うが、素ヱコ農園として、これはやるべきことのようにも思えるので、しっかりと情報を集めていきたい。

 

 

 

 

さて、午後からは、普段通り作業だ。

 

 

最近は、時間が足りなくて、どうしても人手が必要だ。

 

 

今日は、高校時代の野球部の友人が3人来てくれた。

 

そのうち一人は、一個下の後輩で、もう何年ぶりだろうって感じの再会となった。

 

 

やった作業は、ハウスのビニールを着ける作業。

f:id:matsumo_saga:20200801122515j:image

 

 

僕も初めての作業で、誰もやったことない中、

 

こうしたがいい、あぁした方ががいいなど、試行錯誤しながら、意見を出し合って、三棟あるうちの一棟は、自力で完成させることができた。

 

 

やはり、みんな高校野球で、鍛えてきただけあって、声かけや、相手への配慮などが凄くて、これがチームでやることなんだなと改めて感じた。

 

 

そして、作業してて、なんかすごく胸がいっぱいになった。

 

 

みんな率先して動いてくれて、めちゃくちゃ集中してて、手際良くて。

 

 

うまく言葉にできないけど、とにかく胸がいっぱいになった。

 

 

周りに恵まれてるなって、本気で思う。

 

ありがとうございます。いつもいつも。