佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

家族が増えたよ!

昨夜、ブログに書いた方は、なんとか回復に向かってるようだ。このまま順調にいって、会話したい。

 

さて、

 

ヤギがうちに来た。

 

 

2頭。

 

f:id:matsumo_saga:20200712070924j:image

 

 

朝倉から。

 

 

ジモティーという掲示板で、里親を募集していた。

 

 

現地に来て、説明をうけて、運んでくれる方のみ、引き取ってください。ということだった。

 

 

 

 

「草むしりが大変だ」

 

と以前、ブログに書いてたら、何人かから、

 

「ヤギを飼えば?」

 

とコメントが届いた。

 

 

実際に、飼ってみました。

 

 

 

元の飼い主は、会社の横に、いろんな動物を飼っていた。

 

 

犬、アヒル、ヤギ、猪など。

 

f:id:matsumo_saga:20200712071218j:image

 

 

飼育係さんみたいな人もいた。

 

僕が、いただいたヤギは、何頭かいる中でも、ボスだったらしい。

 

忘れられない光景がある。

 

ヤギを軽トラに乗せて、お別れする時、飼育係のおじいちゃんが、悲しそうな顔をしていた。

 

 

長年一緒に暮らしてきて、きっと、いろんな思い出があるんだろう

 

そのおじいちゃんが、ヤギを見る目は、ものすごく優しかった。

 

この命は重い。

 

なかなか、軽トラから、降りなかった。

 

草をとってきて、食べさせた。

 

何回も何回も、草をあげた。

 

いくつか台を持ってきて、軽トラの段差を小さくした。

 

そして、草をあげながら、なんとか軽トラから降ろすことができた。

 

 

もう一頭は、ものすごく暴れて、僕が近づくのにものすごく警戒していた。

 

そりゃそうだろう。

 

いきなり今まで過ごしていたところから、連れ出されて、見慣れない顔の人間が近づいてくるのだから。

 

暴れる彼を、なんとかなだめて、軽トラから降ろした。

 

 

時間はかかると思う。

 

 

でも、じっくり向き合って、仲良くなっていきたい。

 

f:id:matsumo_saga:20200712072423j:image

 

モシャモシャと草を食べる彼らを見て、癒される。

 

そして、お別れした時のおじいちゃんの顔がよぎる。