佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

なかなかまとまらなかったけど、この気持ちを残したかったので、書いた。

「××が倒れたって」

 

急にかかってきたその電話は、お昼休みでゆったりとした気分になっていた僕の気持ちを一気に、違うものにした、

 

脳出血だって。病院来れる?」

 

その後の予定を全てキャンセルして、すぐ病院に向かうことにした。

 

僕にとって、大事な、大事な人だ。

(ここでは名前は出したくないから、伏せさせてください)

 

病院まで30分ちょっと。

 

病院に向かう途中、いろんなことを考えてた。

 

「もうダメなんじゃないかな」

 

いろんな思い出が、頭の中で、フラッシュバックしてくる。

 

その方は、前々から、体が悪かった。

 

でも、いざ、こうして、倒れたっていう話を聞くと、

 

わかっていたけど、

 

準備していたと思うけど、

 

その事実を、完全には受け止めてきれなくて、

 

なんか複雑な心境になった。

 

 

病院に着いた。

 

親族の方が何名かいた。

 

もうずーっと静かに、ロビーで待っているようだった。

 

集中治療室で、治療を続けていて、緊急の手術は免れたが、予断を許さない状況だった。

 

また、これから数日、容態が急変する可能性もあるそうだ。

 

なんとか、一命は取り止めたが、後遺症が残るようだった。

 

 

後遺症…

 

半身は完全麻痺するらしい。

 

 

 

こういう話って、どう受け止めたらいいんだろう。

 

全然分からない。

 

本当にわからない、でも、ものすごく悲しい。

 

コロナの影響で、その方の顔が見れなかった。

 

顔が見れなかったことで、現実かそうじゃないかが、一層不明確になった。

 

 

もう元には戻らない。

 

そして、元々いろんな病気を患ってたから、きっと治ったとしても、相当辛いことになるだろう。本人も親族も。

 

 

僕は、その方に、いっつも、夢を語ってた。

 

その度に、大笑いして、

 

ほんと、バカやね。アンタの将来が楽しみだ。

 

って言ってくれてた。

 

 

もうこの先、一緒に話をすることができないかもしれない。

 

そう思うと、悲しみがどっと込み上げてくる。

 

 

生きてるって、脆い。

 

誰だって、いつどうなるか分からない。

 

 

生きてること。

 

生きてること。

 

生きてること。

 

 

こうして、今、

 

希望を持って手足を動かしてること、

理不尽なことで、嫌な思いをすること、

自分の弱さを突きつけられ、絶望すること、

新しいことに出会い感動すること、

好きな人と一緒にいて癒されること、

 

生きてること

 

生きてること

 

生きてること

 

 

生きてること、を噛みしめたい。