佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

イノシシの罠を仕掛けるための講習会に行って思ったこと

ジェンダーギャップ指数というのを、ご存知だろうか?

 

グローバル・ジェンダー・ギャップ指数(The Global Gender Gap Index:GGGI)とは、 世界経済フォーラムが、毎年発表している、世界男⼥格差指数。各国を対象に、政治・経済・教育・健康の 4 部門について、男⼥にどれだけの格差が存在しているかを分析してスコア化し、そのスコアを元に各国の男⼥平等の順位をつける。

 

シンプルにいうと、男女格差がどんだけ少ないかの指数。

 

平等なら1、最低は 0

 

ジェンダー格差が少ない1位から5位までの国は、アイスランドノルウェーフィンランドスウェーデンニカラグア

 

北欧が並ぶ。

 

日本は121位で、昨年の110位から、さらに順位を下げたようだ。

 

男女格差は、なかなか埋まらないものだなと思う。

 

 

 

本日は、佐賀県が主催する、イノシシの罠の免許の講習会に行った。

 

f:id:matsumo_saga:20200708232358j:image

 

僕の家の周りは、イノシシの被害がほんとに酷い。

 

だから、罠を仕掛けて、少しでも駆除できるようになりたいなと思って、免許を取ることにした。

 

佐賀県中から、この講習を受けに来ていた。

 

ただ、その光景にちょっと笑ってしまった。

 

ほぼ、おじいちゃんだった。

 

女性なんて一人もない。

 

ジェンダーギャップでいうと、「1」だ。

 

イノシシの罠、業界は、今後も、男女格差は埋まらないだろうなーと思う。

 

 

f:id:matsumo_saga:20200708233745j:image

 

来週の試験に向けて、暗記することが多い。

 

ムササビとモモンガを見分けたり。

 

罠の種類や名前、使えない条件などを暗記したり。

 

実際に罠を仕掛けてみたり。

 

 

でも、何でだろうか?

 

テストへの不安が全くない。

 

周りがおじいちゃんばっかりだから、何か、不安が和らぐ。

 

「こんなじいちゃんたちばっかりでもやれるなら、余裕じゃないかな?」

 

そう思って、もう、本当に油断してしまう。

 

きっと、もっと若くて、体力ある人たちがたくさんいたら、僕の心理状況も大きく変わっていただろう。

 

ここから、感じたことは、環境ってすごく大事だということ。

 

その環境に合わせて、勝手に基準を作っちゃうし、その基準に照らし合わせて、自分がどうかを判断してしまう。

 

おそらく、ジェンダーギャップに関しては、若い人をどんどん、政治の場に起用することで、良くなる気がする。

 

若い人の方が、男女格差を是正したいと考えている割合が高い気がするし、感覚的に何の抵抗もなくできそうな気がする。

 

 

 

「こんなに、おじいちゃんだらけというだけで、僕の心って、安心しちゃんうんだな」

 

おじいちゃんだらけの場に身を置いてみて、笑ってしまい、

 

男女比とかそういうの何もないなって、ところから、調べてみると、ジェンダーギャップ指数って言葉に出会った。

 

ジェンダーギャップ、

 

使ってたら、なんかちょっと知的な感じがするでしょ?笑

 

(すみません、さっき知りました笑)

 

環境に見事に左右される自分の心の動きを知れて、すごく収穫だった。

 

逆にいうと、自分が在りたい状況に心を持っていくために、その環境を整えるっていう視点も大事な気がする。

 

うん、ごちゃごちゃいうのは、いいから、とりあえず来週の勉強をちゃんとやろう。