佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

嬉しかった、電話

今日は嬉しかった報告をさせてください。

 

 

今日の内容は、別に為になることでも、気づきでもなんでもないですが、読んでいただけたら嬉しいです。

 

 

急に電話がかかってきた。

 

相手は、南ヶ丘クリニックのシェフの牧瀬さんからだった。

 

「素ヱコ農園の野菜、定期的に使いたいと思って、電話しました」

 

本当に嬉しかった。

 

「野菜セットとかも販売してるんですよね?毎週違う野菜が来ても、それはそれで楽しいし、どう料理するか、こっちも楽しみやけん、できたら教えてくくださいね」

 

 

牧瀬さんは、以前、僕の畑に、実際に訪問してくださった。

(その時は、始めたばっかりで、全然野菜が成長してなかった時だったけど、話をしっかり聞いてくださった)

 

その時に、色々お話して、そこから水菜を買っていただけるようになった。

 

水菜の注文をいただいた時に、イワシウイキョウのパスタまで御馳走してもらったこともある。

 

f:id:matsumo_saga:20200702231828j:image

 

パスタをすすった時に、麺と麺の隙間から、漏れ出していたイワシの独特の香りと味が忘れられない。

 

本当に本当に良くしてもらっている。

 

ただ、改善したいなと思っていたのが、注文のストレスだ。

 

欲しいと思ったタイミングで、わざわざメッセージするのって、意外とストレスだったりする。(僕だけかな?)

 

その辺をもう少しどうにかしたいなーって考えていた矢先に、定期購入をしたいと向こうから申し出があったので、本当に本当にありがたかった。

 

定期購入をしていただく為には、野菜の安定供給が必須になる。

 

安定供給するためには、しっかりとした計画を立てることが必要で、このぎじ

 

今の僕は、水菜しか安定的に供給できるものがなく、プラスアルファで他の野菜になる。

 

でも、水菜が安定して供給できるってのは、婆ちゃんが15年以上作り続けてくれたおかげ。

 

その他のラインナップを充実させて、常に野菜がある状態にしておくのが、僕の課題だ。

 

これから、週に2回、お届けすることができるようになったので、しっかりと新鮮なものを日持ちする状態で届けることができたらなと思う。

 

また、南ヶ丘クリニックは、産婦人科なので、出産で疲れたママ達が、安心して食べられるような野菜を出すという責任がある。

 

ここの安全面はしっかりと気を配りたい。

 

僕のいとこも、南ヶ丘クリニックで、出産したし、思い入れがあるところだ。

 

本当に本当にお世話になってるので、頑張りたい。

 

最近は、野菜ができてきて、嬉しい。

 

かじると美味しいし。

 

f:id:matsumo_saga:20200702232150j:image

 

こだわって作って、美味しい野菜届けて、喜んでもらいたい。

 

勉強して、実践して、しっかり学んでいくぞー!!