佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

少しずつ前に進んでる。ゴミ捨てれたぞ!!

ぷはぁ〜。

 

最後の袋を結んで、トラックに入れた終わった時、

 

なんか、ちょっと嬉しくなった。

 

数日前、やっとゴミを片付けて、クリーンセンターに持って、突っぱねられて、心が折れた。

 

その後、ふて寝した。ご飯も食べずに。

 

気を取り直して作業を開始した。

 

2トントラックにギュウギュウに詰めた大量のゴミを、一つ一つ分別し、袋に入れていく作業をし、やっと全部まとめれた。

 

f:id:matsumo_saga:20200611181457j:plain

 

大変だったけど、手伝いに来てくれた方のおかげで、目立ってた大体のゴミは捨てることができた。

 

ひたすら地味で大変な作業だったけど、これをやったってことが一つ自信になった気がする。

 

クリーンセンターで、冷たくしていたおっさんも、

 

「おぉ、来たね」と覚えていてくれていた。

 

f:id:matsumo_saga:20200611181931j:plain

 

余談だけど、クリーンセンターの、最初と最後の、重さの変化によって、料金を払うという単純かつすごく合理的なシステムに感動した。

 

まだまだ、やることは多い。

 

ハウスの修繕も手付かずだし、草刈りも終わったわけではないし、ゴミ類もまだまだたくさんある。

 

でも、大きな課題だったゴミの処理を解決できたのは非常に大きい。

 

やりながら、ふと思ったけど、途中だけど、小さな規模で、鶏飼ってもいいなって思った。

 

全部完成させてからだと相当な時間がかかる。

 

小さく飼って、その鶏の状態を見ながら、片付けながら、整備しながら、徐々に広げていくのがいい。

 

巣箱や餌箱の制作、害獣対策など、並行してやらないといけないことが増えて来たな。

 

自然卵養鶏法

 

今、読んでる、「自然卵養鶏法」を読んでいると、ワクワクしてくる。

 

著者の中島さんは、大量消費社会のアンチテーゼとして、養鶏を実践された方だ。

 

狭いゲージの中で、抗生物質を大量に与えて、数万、数十万羽を飼うのが当たり前だった養鶏とは真逆で、

 

鶏を元気に走り回らせてストレスのない環境で、身の回りの餌を与える非効率な養鶏方法だ。

 

「省力多収」ー楽をしてたくさん獲ろうという本能的経済的欲求を押さえ、あえて「手間をかけて少なく獲ろう」ということに挑戦するのである

 

「手間をかけて少なく獲ろう」

 

「より速く、より便利に、よりたくさん」と

 

どんどん成長を追い求めてきた僕らにとって、考え付かないような言葉だけど、すごく大事な気がする。

 

どの作業に落ちても無理のないようにすべきである。あまり無理しなくても大自然相手に毎日働いていれば、「必ず大自然はその労働に見合った報酬」を与えてくれるものであるから、そんなに欲を出して(汚染をまき散らし)多くを儲けようとすることはないのである。

 

言葉でいうのは、簡単だと思うから、僕が実践したい。

 

それが、素ヱコ農園のやることだ。

 

先日、高校時代から仲のいい友達と電話してて言われたことがある。

 

「もう、さとしだけの夢じゃないよね。私たちみんな応援してるよ」

 

うん。やるぞ。