佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

どうせ悩むんだから、大きい方がエコじゃない?

電話があった。

 

大学受験のために、浪人している後輩(教え子?)からだ。

 

僕は、彼がまだ中学生だった頃、2年間、塾の先生をしていた。

 

もう5年ぐらいの付き合いになる。

 

彼は、早稲田を目指して勉強しているが、前回の模試の成績があまり振るわず、思わず電話してきたようだ。

 

一応医学部目指して15時間ぐらい勉強していた身として、参考になるかわからないが、話を聞いた。

 

受験は長期戦だし、基礎的なことをコツコツやればきっと点数が伸びると思う。

 

彼と話をしていて、愚直に努力していて、すごいなと思った。

 

と、同時に、受験生の悩みを聞いてると、なんか新鮮に思えた。

 

彼らにとっては目の前のテストの結果が、ほぼ全てなんだ。

 

テストの結果で、大きく自分の感情が浮き沈みしてしまう。

 

テストの点が悪いことが、眠れないほど、きつい悩みだ。

 

 

話は少し変わるが、

 

先日、ある社会人の方と話をしていた。

 

その方は、僕より一回りも歳をとっている。

 

結婚をして家庭を築いていて、会社の役職もあって、すごく順風満帆に見えるが、自分がしたいこと悩んでいた。

 

また、ある人と話をしていた時。

 

その人は、政治家で、すごく頭も良く、みなさんからの人望も厚い。

 

その人は、どうしたら、街がよくなるのか、とあれこれ、悩んでいた。

 

 

今回、後輩の話を聞いて、

 

何歳になっても悩むんだな、と思った。

 

受験生はテストのことで、家庭を持つお母さんはきっと子供のことで、なかなか恋人ができないはそのことで、社長は事業や社員の生活のことで、政治家のことは社会のことで、

 

テストのことと、社会をどうするかでは、悩んでいる規模感は全然違う。

 

でも、きっと、本人の中の苦しさは、一緒だと思う。

 

僕は、受験生の時、テストの成績が悪かった時、眠れないほど、辛かったし。

 

好きな女の子にフラれた時も、人生の終わりかと思った。

 

何歳になっても、悩みは尽きないし、サイズのどうこう、関係なく、悩みは等しく辛い。

 

だとしたら、なるだけ、大きなことで悩みたいなと思った。

 

ゴミがうまく捨てられずに悩むことも、

 

テストがうまくいかなくて悩むことも、

 

どうやったら差別がなくなるかを本気で考えて悩むことも、

 

より良い社会を目指して悩むことも、

 

きっと本人にとってはとてつもなく辛いことで、同じエネルギーを使うはず。

(突き詰めると、感情は体内の化学反応なんじゃないかな)

 

同じエネルギーを使うのなら、なるだけ、大きい悩みを持った方が、地球に優しいと思う。

 

だって、どんな悩みも、側から見たらわからないけど、本人にとってはとてもとても、辛いから。

 

かくいう僕は、目の前のゴミをどうするかで、悩んでいる。

 

f:id:matsumo_saga:20200610100718j:plain



 

こんなちっぽけなことで、悩んでもしょうがない。

 

とりあえず、袋大量に買って来て、コツコツ、袋詰めしてます。

 

もっと社会のために悩みたい。