佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

ゴミとの戦い。

借りたボロボロのハウスの整備を始めた。

f:id:matsumo_saga:20200603130523j:image

初めに言いたい。

 

 

農業をやめる人たちへ。

 

農業をやめるという決断をするのは、本人が一番辛いと思う。

 

もう何年も管理することができず、草がボーボに生えることもしょうがないと思う。

 

ただ、ゴミを捨てるのはやめておくれ。

 

草を刈るのは、なんとかなる。

 

ゴミは一生なくならないから。

 

後から使う人が一生使えなくなる。

 

いや、そもそも、そのスペースは究極、誰のものでもなく、地球のものだ。

 

自分のものだからとって、好き放題に、ゴミを捨てたら、その土地は使えなくなるし、動物や植物にとっても、ダメな場所になる。

 

今回、ゴミがたくさんある土地を整備していて、後の世代のこと(自分の家族だけじゃなくて、次の子孫や自然)を考えて、今あるものを使おうと思った。

 

 

僕は、耕作放棄地を、再生させたことはないから、どっから手をつけていいのかがわからない。

 

とりあえず、草がボーボなので、草刈りから始めることにした。

 

作業中、何度も、「あーあ!!」ってなった。

 

イライラした。笑

 

草刈機で、一気に草を借りたいのに、何度の何度もゴミが巻きついて、作業が止まってしまう。

f:id:matsumo_saga:20200603130506j:image

草が繁りすぎて、どこにゴミが落ちているか、全然わからない。

 

 

ただでさえ、草刈りが大変なのに。

 

おまけにゴミときた。

 

ちなみに、伊万里には、西部クリーンセンターと言って、不燃物を持ち込める場所がある。

https://www.city.imari.saga.jp/11094.htm

 

ここでは、ゴミを10キロあたり120円で引き取ってくれるらしい。

この調子だと、どんだけの量になるだろうか、ちょっとゾッとする。

 

「数十万かかるかもな」

 

 

ここを綺麗にするのは、やはり相当大変なことだなって、身をもって体験した日だった。

 

一日中、草刈機を背負ってたので、全身筋肉痛になったし、手も振動で震えるし。

 

作業をしてて、

 

高校野球しててよかった」

 

そんなことを思った。

 

真夏の中で、全身汗でびしょびしょになりながら、それでも体を動かし続けるのは、なんか、高校野球を連想させた。

 

あの感覚を体が記憶していた。

 

正直、高校野球をした3年間は、僕にとってはどれも苦い思い出なので、あまり思い出したくない。

 

ただ、練習に関しては、誰よりも追い込んでやってたし、やりきった自信はある。

 

だから、体力的には結構自信ある。

 

高校野球のきつさ以上に、きついことなんて、あんまりないと思うな。

 

真夏に、100メートル100本ダッシュしたり。。

 

だから、あれを経験してたから、今回の整備もちょっと大変だったけど、まあ、大丈夫な気がする。

 

一歩ずつコツコツとやっていこう。

f:id:matsumo_saga:20200603130608j:image

あ、動画、撮ってみたんですけど、まだ、慣れないです😂

 

コメントにもあったんですが、ちょっと恥ずかしがってる。

 

1000人以上に見られると思うと、まだちょっと乗り切れてないなという感覚がある。

(これはヒッチハイクの時に、行き先を書いたボードを高くあげるときの恥ずかしさにちょっと似てる)

 

また、同じことを言うけど、一歩ずつコツコツとやっていこう。