佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

友達が手伝いに来るという、有難いこと。

高校の時の同級生の女の子が手伝いに来てくれた。

 

連絡とってたわけじゃないけど、ブログ読んでくれたりしてて、僕が農業してるの知ってくれたらしい。

 

佐賀県内で働くその子は、今コロナで仕事に行けずに、ストレスが溜まってたらしい。

 

唐津から30分ぐらいかけて来てくれた。

 

会うのも4年ぶりぐらいかな。

 

まさか、わざわざ手伝いに来てくれるなんて思ってなかったから、びっくりだった。

 

「私、地味な作業得意やけん」

f:id:matsumo_saga:20200502202557j:image

剣道を大学生まで続けて、全国大会で表彰されただけあって、集中力半端なかった。

 

当たり前だけど、一人でやるのと二人でやるのじゃ、作業のスピードは全然違う。

 

さらに、話をしながら、作業ができたので、すごく楽しかった。

 

予定していたことを前倒しで終わらせることができた。

 

「ずーっと家に居たから、リフレッシュになったよ。久々に達成感あった。また、手伝いくるね」

 

って言ってくれた。

 

楽しかったな。

 

こうやって、大変な作業って分かってるのに、遠いところからわざわざ来てくれて、手伝ってくれることが本当に、有難いことだなと思う。

 

5月になった。農業始めて1ヶ月経つ。

 

まだまだ右も左もわからない新米農家だ。

 

農業を始めて、小さなことに感動するようになった。

 

芽が出ること。

晴れること。

草があること。

米ぬかがあること。

友達が来てくれること。

本が読めること。

 

今まで自分で何もやってこなかったからこそ、当たり前のことだったけど、どれも本当に凄いことで、まさに「有難い」なと感じる。

 

本当に、恵まれてるからこそ、農家として、明るく元気に過ごして、結果を出したい。

 

いや、結果を出す。