佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

養鶏をやられている本間農園さんにお邪魔しました。

脊振までいった。

 

Googleの道案内を頼りにくねくね、くねくね。

 

f:id:matsumo_saga:20200430164151j:image

 

鶏を飼おうと思っている。

 

そんなことを、一生さんに、ちらっと話すと、すぐ本間さんを紹介してくれた。

 

本間さんは、脊振で養鶏をやられてる方だ。

 

ほんまの卵 本間農園 | 本間農園 360度佐賀県脊振山 放し飼いニワトリの有精卵「ほんまの卵」

 

メッセージのやり取りをして、すぐに会うことが決定した。

 

こんなに早く訪問できるなんて。

 

忙しい中、本当にありがとうございます。

 

さて、本間農園に着いたら、すぐに小屋の二階にあげてもらった。

 

はじめましてにも、関わらず、本当にいろんな話を聞けてよかった。

 

経営の話、農業を志すきっかけの話、鶏の話などなど。

 

1時間ぐらい座ってお話したんじゃないかな。

 

f:id:matsumo_saga:20200430164758j:image

 

出てきたお菓子もとても美味しかった。

 

これ、本間さんの奥さんが作ったらしいです。

 

写真撮り忘れたけど、クッキーやプリンも。

 

プリンも原材料ほとんど入ってなくて、しかも、食べやすくて、最高でした。

 

原材料が入ってないのは、パティシエの作ったものと差別化するためとのこと。

 

農家が作ったお菓子は、四六時中お菓子を作っている人に勝てる確率はほぼ低い。

 

農家が勝てるのは、食材。

 

だから、その食材の良さをしっかりと引き出せる戦い方をするのが、農家が六次産業をやっていく上で大事だそうだ。

 

f:id:matsumo_saga:20200430171348j:image

 

本間さんは、環境問題から、農業に興味を持ったらしい。

 

本間さんの農業を見ていて、思想を形として体現されてるのに感動した。

 

本間さんの鶏はゲージで飼ってない。

 

また、雛を暖めるのも電気を使わない。

 

堆肥の熱で暖めるとのこと。

 

電気で暖める方が簡単だけど、堆肥を使うことで、菌に囲まれて育つので、結果的に病気に強くなるらしい。

 

古典的なやり方だけど、すごく理に適ってるなと思った。

 

また、見渡すと、雄がいる。

 

普通の養鶏は、無精卵が主流だけど、本間農園の卵は有精卵だ。

 

1個50円。

 

佐賀で、この値段で売れているということがすごい。

 

めちゃくちゃお客様の信用がないと出来ないこと。

 

相当、地道な努力を続けられてることが伝わってくる。

 


f:id:matsumo_saga:20200430230420j:image

 

ちなみに、この建物も手作りらしいです。

全て。

 

本間さんは、本当に全て教えてくれた。

 

お金の話も全て。

 

どうやって始めたらいいかなど。

 

本間さんのアドバイス通り、廃鶏から始めてみようと思います。

 

本当に何から何まで教えていただき、最高の日でした。

 

2時間以上、いろんなお話を聞けて、めちゃくちゃ勉強になりました。

 

今後ともよろしくお願いします!!