佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

素直に、今、満たされるなって思う

f:id:matsumo_saga:20200409053133j:image

 

見て!!この可愛い芽。

 

土からギュンと生えていて、プリンとしている姿を見たら、おぉーってなった。

 

嬉しい!

 

友人にもらっていたサヤインゲンの種が発芽した。

 

f:id:matsumo_saga:20200409053255j:image

 

5日前にまいたトウモロコシも続々と。

 

発芽って何度見てもすごい。

 

種をまくときは、本当に芽が出るかほんとに心配になる。

そして、種をまいても、結果が出るのは数日後。

 

何日も何日も不安な日が続く。

 

そうやって何日も期待したり不安になりながら待ち続けていた芽が出たときの感動は格別。

 

せっかく出てきたこの子たちをしっかり育てないといけないなと背筋が伸びる。

 

いやー、でも、テンション上がるな〜

これは!

 

野菜の配達を始めてまだ2日だが、とてもいいことが起きている。

 

野菜を一件一件配るのって、ほんとに効率悪い。

 

だって1客あたり500円前後だから。

 

きっと誰もやらないだろう。

 

でも、今の僕は1人1人に会って思いを伝えて、野菜を手に取った時のお客さんの表情を見たいと思っている。

 

お客さんと就職の話をしていたが、僕が行くことにしていた企業はどれもIT系だったので、今の一件一件のドブ板営業を見ていてその違いにびっくりされていた。(僕もそうです)

 

昨日の配達でも嬉しいことが。

 

f:id:matsumo_saga:20200409053958j:image

 

南ヶ丘クリニックに水菜届けたら、シェフがパスタを作ってくれた。

(こっちの方がもらってる)

 

イワシとはフェンネルのパスタ。

 

種類の違うスパイスたちで舌が刺激される中、それをかきわけるようにイワシの濃い味が、ツーンと伝わってきた。それにフェンネルが、シャキシャキしてて美味しかった。

 

ここでは、福岡で作られたフェンネルをわざわざ取り寄せてるらしい。

 

よし、フェンネル作ってみよう。

 

その後、前田病院に行った。

給食として、定期的に野菜を使ってもらえることになった。

 

前田病院は高くてもいいから地産地消を行いたいとずっと考えていらっしゃって、何度も試みたもののこれまでうまく行かなかったとのこと。

 

そんな時に僕がやってきたから良かった。

 

意外と地元で消費されてないことにびっくりした。

 

やる気のある農家ほどきっと外を見るのかな。

 

僕は、逆にあまり外を見ずに、自分の目の届く範囲を徹底的に大事にする農家になりたい。

 

もちろん星付きの有名なシェフに使ってもらいたいが、

 

今は、こだわりを持って作った作物を理解してくれる少数の人にしっかりと届けたい。

 

そんな人たちと親戚のように密にやりとりするような農家になりたい。

 

友人と話ししてて思った。

 

僕は誰もができることをやりたい。

 

ほんとにほんとに当たり前のこと。

 

そんな当たり前で地味なことを毎日毎日コツコツと繰り返して、とんでもない成果をあげたい。

 

じゃないと後が続かない。

 

みんなが見向きもしない地元

 

みんなが見向きもしない職業

 

みんなが見向きもしない小さな習慣

 

みんなが見向きもしない小さな言葉

 

そんな小さな小さなことを繰り返した先にある景色を見てみたい。

 

今、世界全体が苦しんでいる。

 

きっと暮らしを大きく見直す時だ。

 

僕は自分の周りにある小さなことを丁寧に大切に生きていきたい。

 

今、自分が出来ることは、人々がなるだけ外に出なくてもいいように、新鮮な野菜をお家まで届けて、元気な声で笑顔を見せることだと思う。