佐賀の新米農家、ど田舎から

佐賀の新米農家です。日々、気づいたことを日記としてかけたらいいなと思ってます。

卑怯な自分。

卑怯だな。


と思った。

 

自分がカッコ悪すぎる。

 


昨日、お世話になっている方から、就農計画を作るように言われた。

 


1日で30%の出来栄えでいいからと。

 


作ってみたが、なかなか進まなかった。

 


時間がなかったっていうこともあるが、自分で見ても酷いものだった。

 


数字が曖昧だし、文字からも熱量が伝わってこない。

 


顔が見えない計画になっていた。

 


計画を立ててるのは経営を進めていくことと、認定新規就農者として認められるためだ。

 

認定新規就農者になると、様々な特典が受けられる。

より、自分のビジョンを体現しやすくなる。


市に認めてもらうには、計画書の妥当性が必要だ。

 

そのために、市の役人さんは、JA出荷で計画を立てることが前提で話をすすめる。


JA出荷にする理由は、作った量を確実に売り捌けるという計算が経つから。

 


逆にいうと、計算することができて、その根拠を示せたら、JA出荷じゃなくても、計画を立てることは理論上オッケーだ。


当初、僕の作戦は、似ている別の作物を作っている体で、JA出荷する計画を立てて、実際は、自分で販路を作るというものだった。

 

市役所の論理に従って動いているように見せて、勝手なことをする。


要は、うまく騙そうとしていた。

 


計画を書いた。


なかなか、うまく書けない。

 

きっと、心が乗ってないから。

体温が乗ってないから。

 


逆に、JA出荷じゃないパターン、自分がやりたいことを書いてみる。

 


書けない。

迷いがあるから。

 

 

夜からは、予定があったので、夕方になんとか形にしたけど、見せれる状態じゃなかった。

 

せっかく時間とって、僕に付き合ってくださってる方に、これじゃ申し訳なさすぎる。

 

 

 

何をしたいんや?お前は?

 

 

 

夜中、車を走らせながら、ずっと考えていた。

 


卑怯だな、自分。

 

うまく、騙そうとしてるやん。

 

 


って思った。

 


今やっていることは、かっこ悪い。

 


せっかく、やりたいことあって、計画立てているなら、正々堂々まっすぐ自分がやりたいことを貫こうと思った。

 


うまくいくかわからないけど、それが正しいことなら、きっとちゃんと認めてもらえるはず。

 


そんな制度や慣習に合わせてやってどうする。

 


自分がやりたいことって、そんなに隠してやらないといけないことなんかな。

 

 

 

しっかりと計画を練って、それが通るように最大限努力して、はねられたら、はねられたで、納得できるはず。

 


僕は、その努力すら、まだやってない。

 


とりあえず、今、自分が考えているプランをしっかりと形にしようと思った。

 


それこそ、応援してくれている人への筋やと思ったし、そういう人でありたいなと思った。

 


自分が、そうやって、チャレンジしたら、次の人もやりやすはず。

 

そういう道を拓く存在になりたい。


こんな卑怯な自分を捨てたい。

 

今の自分は、最高につまらない。


真っ直ぐでありたい。

 

そして、とにかく行動する人になりたい。


まあ、ぐちぐち言わんでいいけん、黙って詳細な計画立てようと思います。

 

今日はこのぐらいで。

 

f:id:matsumo_saga:20200322073051j:image